パドック通信

2018年1月15日 (月)

12月24日しつけ方勉強会

今日は1224日。さて何の日でしょうか?嵐の相葉くんの誕生日。え?クリスマス・イヴですよね。そして今年最後の勉強会の日です。この日、雪こそ降っていませんが、薄曇りでかなり寒かったです。それでは、今年最後のPadoc通信のスタートです。
1_2

みなさん師走で忙しいのでしょう。クリスマス・イヴというのもあるのでしょうか、ご覧の通り駐車場もガラガラ。この日参加された会員さんも少なかった感じがします。

2

いつもの様にHさんの連絡事項からです。すでに本ブログでも紹介していますが、Padocスキー部の今シーズン初滑りの報告がありました。「今回は8名の参加でしたが、今シーズンまだ活動予定ですので、ぜひ参加ください。」との事。私も参加しましたがとても楽しかったですよ。
3_2

さぁ、勉強会の始まりです。今日は人数もあまり多くなかったので班分けせず、全体でのレッスンになりました。この日も前回の内容と同じく、リードを張らずに、リードに頼ることなく、実際はリードが付いているけど、リードが役に立っていないという状態でワンとのコミュニケーションが出来る事を目指しました。

4

ワン達とトレーニングするうえでおやつを使いますが、そうではなく、おやつ以外の強化子をなるべくたくさん持っているほうがトレーニングがやり易いし、コミュニケーションが取りやすいのです。強化子とは、ワンにとって嬉しいものの事ですよね。では、おやつ以外の強化子って何でしょう?一番使いやすいものが、声になります。ただし、勉強会でもそうですが、高い声で「そういい子!」とか「おりこうだね!」と言うのがすこし恥ずかしかったり抵抗感を示す方がいるのも事実です。でも「そういい子!」でなくても「よし!」でも「グッド!」でも良くて、要はワンが嬉しいと感じる言葉、声の調子、というのを条件付けとして植え付ける事が重要なのです。

5
犬が絶対に振り返る声って何でしょうか?みなさん、そういう声を持っていますか?一番良いのはワンの名前ですよね。ワンが名前を呼ばれたら絶対に振り返る。先ずこれをやりましょう。名前を呼んで振り返ったらおやつ、あるいは褒めたり、撫でたりしましょう。この繰り返しが重要で、何百回とやって欲しいのです。そうする事でワンは「名前を呼ばれる」→「良い事がある」という事になりますよね。みなさんそれぞれのペースでやって、ワンがストーカーの様に付いてくるかどうかやってみましょう。
6

このあと、リードを張らないリードの扱い方として、ワンが何かに気を取られて、呼んでもどうしてもこっちを向いてくれない。例えばワンが匂いを嗅ぎに行ってしまい、飼い主の方を向いてくれない時の対応についてのアドバイスが。そんな時には飼い主の方が動く。何かに気を取られていたらリードを引っ張るのでは無くて自分が動いて行ってワンを誘ってこちらに連れてくる。というのをやりました。我が家のPちゃんは常にクン活に励んでいるので意識をこちらに向けるのが本当に大変です。

7

次に、前回の勉強会でもやった「おやつ探しゲーム」をやりました。写真はワンから数メートルの距離に、おやつの入ったカップを置いたところです。

8

Pちゃんが鼻を使ってカップの中のおやつを見事にゲットしました。パチパチ!

9

ここで前半が終了。10分間の休憩です。ちょっとしたリラックスタイム。Kちゃん可愛いですね。気持ちが通い合っている事が判る、とっても良い感じの写真が撮れました。

10

こちらは、休憩時間ですが、常に鋭い眼差しのAちゃん。何を見ているのでしょうか?

11

さて、勉強会後半です。後半はミニゲームを2つやりました。ゲームを楽しみながら勉強の成果を確認します。リードは腰に結んで、リードの代わりに紙テープを首輪に通して手に持ちます。

12

 

並べたコーンを紙のリードを切ることなくスラロームします。
13

このゲームはスピードを競う訳では無くて。ゴールするまで破れずに紙のリードが多く残っているチームの勝ちになります。

14

Uさん、Pちゃんとの距離感が絶妙ですね。
15_2

余裕さえ感じさせるMさんとNちゃん。素晴らしい!

16

切れそうで切れないAちゃんの紙テープ。絶妙のコントロールです。

17

 

もう一つのゲームはこちら。ワンをオスワリマテさせて、ワンと地面に立てた国旗をひもでつないでおきます。

18

ワン同士をオスワリマテ状態にしておいて、飼い主が相手のワンを誘います。ワンが誘いに乗って動いて国旗を倒してしまったら負け。というゲームです。やってみると国旗のスタンドが思いのほか不安定でちょっとした事で倒れてしまって。次回までにもう一工夫をしてきますとHさんの反省の弁がありました。次回にこうご期待!

1_3

勉強会の様子はこれくらいにしてPadoc通信恒例の「本日のおまけ」コーナーをお届けします。

2_2

カメラを向けたら2ワンともこっちを向いてくれました。可愛いです。

3_3

こちらもカメラ目線のAちゃん。いつもありがとう。

4_2

こちらは、手に持ったおやつにちょうだいのHちゃん。元気いっぱいです。

5_2

クリスマスという事で赤い衣装の2ワンをカシャッ!我が家のPちゃん首に巻いたマフラーがどこか猪木っぽいですね。(汗;)

6_2

こちらも赤い衣装の2ワンをカシャッ!ダックス同士でいい感じです。

7_2

クリスマスカラーは赤だけではないぞとグリーンの洋服のMちゃん。我が家のPちゃんをガン見です。

8_2

それでは、今回のPadoc通信はこの辺でおしまいです。いつもお付き合いいただきありがとうございます。歳を取ったせいでしょうか、一年経つのが早く感じる様になりました。来年も楽しみながら、勉強会の様子をお届けできたらと思っていますので、よろしくお願いします。何はともあれ一年お疲れさまでした。


 

2017年12月28日 (木)

12月23日パドックスキー部初滑り

昨年結成されたパドックスキー部、今年は、たくさん滑りに行きたいね、ということで、12/23に初滑りに行ってきました。今年は、メンバーが増えそうですよ。今回は、Sさん夫妻が初参加。8年ぶりのスキーだそうです。
Cimg6050_p
池ノ平スキー場 10時にここで待ち合わせしました。今回は、4家族8人が集まりましたが、Nさんたちは、始発8:30から来て、滑っていたのだそうです。気合いの入れ方が違います。
Cimg6049_p
いよいよリフトに乗りますよ。写真では、とてもいいお天気ですが、滑り初めの頃は、雪がちらつくお天気。でも、どんどん雲が上がって、

Cimg6044_p
とーてもいいお天気になりました。晴れているし、風はないし、暖かいし・・こんな絶好のスキー日和はありません。
良い感じで滑り始めましたが、
Cimg6028_p
気がつくと、あれ、SさんとNさんがいないよ。・・しばらくしてNさんは、合流できましたが、Sさんは?じっとゲレンデを見つめています。が、こんな写真を撮られていたなんて、気づきませんでした。

ゆっくり待っていましたが、その間にも雲がどんどん上がって、
Cimg6043_p
素晴らしい景色を堪能しました。こうしている間もSさんは、ひとり心細くリフトに乗っていたかもしれませんが。
Cimg6045_p
お昼近くになると、ゲレンデは、ガラガラ。新井にできた新しいスキー場の影響でしょうか。
私達もお昼にしましょうということで、食堂へ。

午後は、N家は上がりましたが、他の6人は、もう一滑り。
Cimg6021_p
一滑りといっても、2本滑っただけで山を下りました。
Cimg6023_p
次は、1月にも滑りに行けたらいいですね~と話をして解散しました。
パドックスキー部、部員募集中です。

12月10日しつけ方勉強会(その3)

1
勉強会の様子はこれくらいにして…。Padoc通信恒例の「本日のおまけ」コーナーをお届けします。
2
この日クリスマスカラーの洋服がとても可愛かったMちゃんでした。
3
勉強会の間3メートルのロングリードを着けていたSちゃん。ストレスを感じずにいられたかな?朝は吠えていたけれど、リードを長くして自由に動けるようにしてあげたら、だいぶ吠えがおさまりましたね。
4
いつ見ても、かっこよくてかわいいKちゃん。
5
ダウンジャケットがあったかそうなDちゃん。
6
Padocに新しい仲間が増えました。あれ?何ちゃんだっけ?
7
Mちゃんの背後から迫る新入りの??ちゃん。
8
背後に殺気を感じたMちゃん。ゲゲッ、あなたは誰??
9
ねー。仲良くしてね~。
10
キャー!やめて!助けて!・・・何て感じでしょうか
11
勉強会後帰りたくないよ~ってTちゃんが訴えています。毎日Padocあればいいのにって思っているTちゃんかもしれませんね。

 そういえば、以前長野市でワンちゃんが散歩できる公園が増えることになると紹介しましたが、平成3011日から犬の散歩ができる公園が増えます、と「広報ながの」に出ていましたね。でも立ち入れるのが通路と駐車場だけとはちょっとがっかり。衛生面とか考えると仕方ないのでしょうか。それでも増える事はありがたいですね。みんさんマナーを守って利用しましょうね。

https://www.city.nagano.nagano.jp/site/kouhounagano/402386.html

 それでは、今回のPadoc通信はこの辺でおしまいです。


2017年12月27日 (水)

12月10日しつけ方勉強会(その2)

さて、冬の寒い時期は、散歩に出られないことがあるので、ワン達がストレスを抱えるのではないか心配する人もいると思います。特に、大型犬や若いワン達は外に出さないと大変という感じでしょうか。

ワンたちのエネルギーを発散させるのに、走り回ることがすごく大事だと思っていませんか?例えば、大型犬をドッグランへ連れて行って、ひたすらボール投げをして、へとへとになるまで走らせることがエネルギー発散と考える人がいると思いますが、走り過ぎもストレスになることがあるようですね。

17
散歩は必要です。が、散歩以外でエネルギー発散に有効とされるものを紹介します。ということで、後半は、鼻を使った「おやつ探しゲーム」をやりました。
18

ワンたちのエネルギー発散に鼻を使わせると良いという事は、昔から言われていたのですが、最近それが証明されるようになってきました。ワンは緊張状態の時に、臭いを嗅ぐことでリラックスするとも言われていますね。ワンたちにとっては、「鼻を使う」ことは、とても大事なようですね。
19
ノーズワークって聞いたことありますか?そんな本格的なものではありませんが、今日は、「おやつ探しゲーム」をやってみましょう。戸外でやるのは難しいですが、これをきっかけにして、お家で楽しんで欲しいと思います。
20
家でおやつ探しゲームをする時は、入れ物に入れなくても好いと思いますが、今は戸外なので衛生面に配慮して、カップを使います。まずは、すぐに探し出せる距離からです。写真は、ワンから1,2メートル先に、おやつの入ったカップを置いたところです。この距離で探しにくい子は、もっと近くにしてあげればいいですよ。おやつの臭いに気付ける距離です。
21
Mちゃんが鼻を使ってカップの中のおやつを見事にゲットです。簡単にできるようになったら、距離を伸ばしてみましょう。
22
HさんのMちゃんもどこかに隠したカップの中のおやつを探します。クンクン嗅いでいますね。
23
ありました。こちらも見事にお椀に入ったおやつをゲットです。
24
慣れてきたらワンを何処かにつないでオスワリマテさせた状態でカップを持って行ってどこでもいいから置いてきます。ワンはじーっと見ていますが、大体の犬は忘れます。(笑)置くふりをして置いてないみたいに騙しを入れながらやってもいいと思います。きっと犬たちそんなに記憶力良くは無いはずです。
25
HさんLちゃんの視線を感じながらフェイクを入れながらお椀を何処かに隠しています。
26
さぁ、おやつを探しに行きます。あれ?方向が違うのでは?実は先ほどの写真には写っていませんでしたが、最初に隠したふりをした場所に向かっているLちゃんなのです。これは臭いの軌跡をたどっているのでしょうか、それとも置いた場所の記憶の順番なのでしょうか?ちなみに、この後Lちゃんは見事おやつをゲットできました。パチパチ。

この後は、2,3人でチームになり、1頭ずつやってみました。カップが複数ありますが、おやつが入っているのは、ひとつだけです。カップを探せばいいというわけではなく、ちゃんと鼻を使っておやつを探さなければなりません。

27
勉強会の最後に3メートルリードの紹介がありました。いつもリードを手繰ってワンをコントロールする事に慣れてしまっているので、なんとなくリードをギュって握りしめてしまう感じがあります。
28
この3メートルリードって本当にゆるゆるなんです。犬が行きたいように動きたいようにできるのです。布製なので軽くてほとんど重さを感じません。要するに本当にノーリード状態と同じです。さすがに日本ではノーリードは許されないので、リードは付いているけどリードを引っ張らなくてもワンは付いて来てくれる。
29
長さがあるので最初は扱いが大変ですが慣れると非常にトレーニングには良いとの事。このリードを使っても、張った状態で歩いたら意味はありませんが、ワンが動ける範囲を広くとってあげることで、ワンがリラックスして散歩できることと、ワンが自由になる分、飼い主がきちんとコミュニケーションをとろうとしなければ、ワンが勝手に動いてしまうので、飼い主のハンドリング技術が上がるという両面の良さがあると思います。

普段は、長いリードで散歩するのが難しい状況もありますが、とにかくリードを引かない練習、引かない癖をつける事を心掛けるようにやってみましょう。

(つづく)

2017年12月26日 (火)

12月10日しつけ方勉強会(その1)

前回と同じく良い天気で迎えたしつけ方勉強会。何かと忙しい12月になりました。今年の勉強会も本日を入れてあと2回。さすがに寒くなってきました。みなさん師走で忙しいのか、寒くて外に出るのがつらいのか、この日参加された会員さんはちょっと少なかった感じがしますが、それはさておき今日も元気にPadoc通信の始まりです。

1

先ずは連絡事項からです。1月の第4週は勉強会をお休みして、ペットロス講座を予定しています。

2

残席残りわずかです。希望される方は早めの申し込みをお願いします。

3

さぁ、勉強会の始まりです。今日は人数もあまり多くないので、ゆったりとレッスンが行われました。Hさんからのお話もたっぷりと。(いつものことながら話が長くてすみません。汗 H)

ワンのトレーニングの考え方は、ずいぶん変わってきています。以前は、オオカミは、リーダーが群れを治めているので、その子孫である犬に対しても、飼い主がリーダーとなるべきであるという考えが強くありました。しかし今では、それは誤りであることが判ってきているそうです。

4
ワンの認知についての研究も進んできているので、単純に行動学だけでなく、ワンたちが周りをどう見ているかに基づいてトレーニングをしていきましょうという動きもあるようです。また、オスワリやフセなどの行動ができればいいのではなく、ワンたちが安心して、リラックスして過ごせる事を大事にしましょうっていう事も言われるようになってきています。

5
ワンたちは服従させるものではなく、一緒に暮らしていくパートナーという様に考えていった時に、ワンたちの立場で物事を考える事が必要だと思います。

リードを張って行動を拘束することで、飼い主に従っているように見せるのではなく、リードを緩ませ、ワンが自分から飼い主の傍に寄り、一緒に行動できる方がいいですよね。リードの使い方は、結構ワンの行動に影響を与えるようで、例えば、リードを張ったり、引いたりすることが刺激となり、問題行動を引き起こすこともあるのだそうです。

例えば、あるワンちゃんが怖いなと感じた時に吠えたとします。そんな時に拘束されると余計に吠える事があります。だけどリードを緩め、ある程度自由に動けるようにすると、怖さが薄れることがあるそうです。こういうことを少し知っているだけでも、ワンとコミュニケーションをとりやすくなりますね。

6

さて、話はこれくらいにして、この後いつものようにワンを左にして歩いてみましたが、今日は、いつもより落ち着きがないですねぇ。そこで、3分くらい時間をとってワンたちが安心していられるように飼い主さんがいろいろ工夫してみているところです。

7

SさんはMちゃんにトントンってやりながら落ち着かせています。匂いを嗅ぎたがっているワンには匂いを嗅がせてあげれば落ち着くかもしれません。私たち人間は、視覚から多くの情報を得ますが、ワンはそれが、臭覚からなのだそうです。だからワンにとって、臭いを嗅ぐというのは、大事なことなのですね。

8

例えば人間の場合、初めての場所で目隠しされたら不安になりますよね。ワンたちにとっては、臭いがかげないというのは、私達が目隠しされるのと同じかもしれません。ですから、落ち着かなかったり、不安そうだったりした時は、情報を集めさせてあげればいいのではと思います。少し自由に臭いをかがせ、ワン自身が情報を集める事で落ち着くこともあると思います。

ワンが落ち着かない理由は、様々かと思います。が、ワンの気持ちを無視して、ただ飼い主の指示に従って動かそうとするのではなく、ワンの気持ちを理解しながらコミュニケーションがとれる飼い主になりたいものですね。

9
ワンちゃんが落ち着いたらリードを緩めた状態で飼い主の声に反応するかやってみます。リードに頼らず意志の疎通を図る事がポイントです。

10

Mさんのからだの動きを見てみましょう。何となく歩いているのではなくて、ワンちゃんが付いて行きたくなるような体の動き方をしています。ただ、何となく名前を呼んで動いているだけでなくて早くしてみたりステップが細かくなってみたり、声のかけ方もとても上手です。

11
ついリードでコントロールしてみたり、フードを見せながら動かしたりしがちですが、そうではなく飼い主さんの動きでワンの動きが引き出せるかやってみましょう。先ほどのMさんになったつもりでやってみてください。(笑)

12
ワン同士が接近した状態でやってみましょう。距離を上手にとりながらもリードゆるゆるの状態でできるでしょうか。自分のワンの状態に注目しながら、決して無理をしないでください。周りの人やワンに気をとられるようでしたら、相手との距離をとり、落ち着いてできる状況をつくりましょう。

13
リードを張って動きを拘束するのではなく、リードを緩めワンの動きを自由にした上で、飼い主とのコミュニケーションに集中できる状態でやりましょう。

14
かなりワン同士が接近していますが、どの子も落ち着いていますね。この輪の外にいる子たちもいますが、大切なのは、この輪の中にいられることではなく、飼い主さんがどの距離でいればワンちゃんが落ち着いていられるかを考えられるようになる事です。

15
ここで前半が終了。10分間の休憩です。

16
人もワンもひと時のリラックスタイム。

(つづく)

 

2017年12月11日 (月)

いい育児の日

11/26のしつけ方勉強会の最後の方で、子ども達とわん達のふれあいを行いました。パドックでは、初めての取り組みです。

長野県では、今年から11月19日を「いい育児の日」とし、各地でいろいろなイベントが行われたようです。パドックでは、子どもの教育についても活動計画に入っており、その関係で、案内をいただきました。

Img_6996_p
そんなに参加者は、いないだろうなぁという予想を大きくはずれ、こんなにも大勢の方が足を運んでくださいました。
Img_7124_p
今回は、乳児さんたちが多く、わん達に興味津々です。
Img_7057_p
お散歩をして、とびきりの笑顔です。
Img_7083_p
子ども達だけでなく、ママ達も癒されています。
Img_7145_p
最後にパドックの塗り絵をプレゼントして、活動終了。

大勢の子ども達が参加してくれて驚きました。また来年も企画したいと思います。


2017年12月10日 (日)

11月26日しつけ方勉強会

良い天気で迎えたしつけ方勉強会。気が付けば今週で11月も終わり。昨年も同じことを書いている気がしますが、本当に1年があっという間に過ぎてゆくような気がします。今年やり残した事がまだまだありますが、あと1カ月で実行できるでしょうか?何事も有言実行、計画的にゆきたいものです。

さぁ、Padoc通信の始まりです
1

この日はご覧のように天気に恵まれ朝から快晴でした。さすがに木々の葉は落ちてしまっていて、紅葉をの見頃は過ぎましたが、真っ赤に色づいたもみじだけが陽射しを受けて鮮やかでした。
2

開始前のいつもの風景です。HさんちのMちゃんはからだをスリスリしてきます。それっていつもの朝の挨拶なんです。人もワンもここに来ると楽しいね。
3

さぁ、勉強会の始まりです。最初は朝の挨拶とHさんからの連絡事項です。天気は良いのですが寒いせいでしょうか、いつもより参加される会員さんが少ない様です。
4

1月第4週、1月28日の勉強会はお休みで、セミナーという形で外部から講師をお招きしてペットロス講座を開催します。東和田の田中病院の迎えにある喫茶店のようなデコレットルームズという所でお茶を飲みながらやりたいと思います。犬と暮らすうえでとても大切な事ですので、よろしければ参加して頂ければと思います。

5
さぁ、先ずはウォーミングアップです。
6_2

コーンを並べて準備している間に道路で脚側です。皆さん寒いせいかテンション低めですね。
7_2
さぁ、コーンの準備が出来ましたので枯葉のじゅうんたんの上で脚側です。今日やる事はいつもと同じなのですが、リードを張らないで脚側する、です。
8_2

先日行われた運動会の時は皆さんもリラックスしてますし、犬もリラックスしている状態でした。そういうリラックスした状態だったせいか、皆さんリードが緩んでいる状態でワンとの意思の疎通が上手く取れていると感じました。勉強会の時はどうしてもワンをコントロールしようとして、飼い主側の気持ちだけでコントロールしようとする。犬の気持ちよりもこちらからの命令・指示が強くなりがちです。
9_2
ですからリードを緩めた状態でコントロールするというか、リードに頼らず意志の疎通を図る事がポイントになると思います。そのためにはワンの顔や目線をどこに導くか、今日はそんなことを意識しながらやってみたいと思います。とのHさんからの説明。
10_2

今度は、ワンの間を縫ってジグザグに歩きます。リードを緩めて、手に力を入れないで、出来れば手にかかっているくらいの感覚で、ナスカンの重みを感じるくらいで、犬が違う方向へ行ってしまったらなるべくリードで引かないで呼び戻すなりおやつを使うなりして誘導しましょう。
11_2

こちらはHちゃん。まだ6カ月のパピーちゃんなので別メニューでのレッスン。2人のお姉ちゃんも一生懸命です。ふたりとも、フードを上手に動かしながらHちゃんを誘導し、決して無理をしないので、Hちゃんが安心しているのがよくわかります。子ども達の犬への接し方から学ぶところが大いにあるような気がします。
12_2

ここで前半が終了。10分間の休憩です。人もワンもひと時のリラックスタイム。いい感じですね。
13_2

後半はコーンをジグザグに歩きます。
14_2

いつものようなジグザグなんですけど、いつもの一直線ではなくちょっと変わった配置にしています。
15_3

最初は、コーンをジグザグに置き、その間をワン達がまっすぐ進むということでやってみましょう。
16_2
慣れてきたらコーンの配置を変えます。コーンをすこし真ん中に寄せます。そうするとワンは、真っすぐでなく少しよけるというか縫って進まないといけなくなります。その時にリードで引っ張らないで、右手や足を使って誘導する感じでやりましょう。速さではなく、確実に、ワンが自分で動くことを大事にしましょう。
17_3
こちらは、Aちゃん。さすがに身体能力が優れたボーダーコリーですね、完璧です。
18_2
Mちゃんも頑張ります。いい感じですね。
19_2

大型犬と小型犬に分かれてやりました。小型犬の方はコーンの間隔を狭くしています。
20_2
マイペースで確実に進むLちゃん。
21_2

フラットコーテッドレトリーバーのOちゃん。難なくこなしていました。この犬種は学習能力が高く活動的な性格で、フリスビーやアジリティーなどのドッグスポーツに向いているそうです。なるほど。
22

Cちゃんの真剣な眼差し。Tさんの右手の誘導にしっかり反応していますね。
23
勉強会の最後に、ワン達だけをオスワリ・マッテさせて写真を取れたらいいな、という事でちょっと挑戦。どうしても横が気になるのか、みんなが揃って前を向いてくれません。根気強く練習あるのみでしょうね。
1_2
勉強会の様子はこれくらいにして…。Padoc通信恒例の「本日のおまけ」コーナーをお届けします。
2_2
今日はさすがの身体能力を発揮したAちゃん。いつもの様に目がキラーンです。
3_2
我が家のPちゃん。最近少しは上達したかな?
4_2
今日は日向ぼっこしながらみんなを見ていたKちゃん。あったかいところが良いよね。
5_2
Mちゃん、脚側ばっちりですね。カメラ目線ありがとう。
6_3
この日、天気は良かったもののちょっと寒かったです。秋ももうすぐ終わり。最後は公園で見つけた秋をお届けします。それでは、今回のPadoc通信はこの辺でおしまいです。

2017年12月 3日 (日)

12月2日 忘年会

20171202_175531_resized_2
月が美しい晩になりました。今日は、パドックの忘年会です。
20171202_184241_resized
今年は、金沢直送の魚介がおいしいお店で開催しました。
Dsc_0116
まぁね、いつものことですが、お料理よりもおしゃべりがメイン・・ですが、丁寧に説明してくれる女将の話にフムフムとうなずきながら、・・やっぱりいつものことながら、おしゃべりに花が咲き、
Dsc_0123
楽しい時間が流れていきました。
Dsc_0119
おいしくいただいていま~す。
Dsc_0121
たまには私も登場してみましょうか。
ブリの皮は、ちょっと苦手なの~とMさん。
Dsc_0118
ブリの皮、お皿の陰に隠しておいたのに、バレちゃいました~とAさん。

ブリの皮・・わかる人にしかわかりませんが、今年の忘年会でのキーワードでした。笑
Dsc_0122
こちらは良い感じでさしつさされつ。
20171202_200250_resized
宴会もあと30分程で終了というころ、突然始まりましたババ抜き大会。
20171202_200355_resized
15人でババ抜きをするとどうなるでしょう?ひとり三枚の持ち札で、あがれる人は、いるのでしょうか。と思いましたら、
20171202_200655_resized
Tさんが、「あ~がり!」っと。おお!すばらしいですね。ババ抜きで上がった順に、みなさんが持ち寄ったプレゼントをGet!できます。
20171202_201308_resized
ひとり540円(税込)で用意したプレゼント。2番、3番は、仲良くD夫妻。

結局のところ、いつになったら終わるのかわからないので、〆のお茶漬けがテーブルに置かれた瞬間にババを持っていた人が負けということにして、後は、持ち札に書かれた数字の合計で、プレゼントをもらえる順番を決めました。
20171202_201931_resized
それぞれに趣向を凝らしたプレゼントをいただいて、心もほっこり。
20171202_202510_resized
特に大ウケだったのは、ロットワイラーのティッシュケース。すかさずHさんによるロットワイラーのパペット劇場が始まりました。
20171202_202711_resized
最後にババを持っていたFさんの今年の反省と来年への抱負のお話しで、忘年会は〆となりました。

今年も大盛り上がりの忘年会で、2時間があっという間に過ぎてしまいました。笑顔に包まれた1年の締めくくりに、犬達が繋いでくれる人と人との輪の幸せを感じました。

2017年10月22日 (日)

10月22日しつけ方勉強会中止

本日の勉強会は、雨天のため中止です。

運動会&懇親会、忘年会のお申し込みは、メールにてお願いします。

また運動会に参加される方は、当日「ハウス」をご持参下さい。

2017年10月11日 (水)

9月24日しつけ方勉強会(つづきのつづきのつづき)

1

勉強会の様子はこれくらいにして…。Padoc通信恒例の「本日のおまけ」コーナーをお届けします。

2

本日のテーマは「見つめるワン」

3

いつもテーマなんてありましたか?って突っ込まれそうです。

4

いえ、なんとなくそんな写真を集めてみたのです。ワンの眼差しが好きなんです。

5

「目は口ほどにものを言う」ということわざ。

6

このことわざは人間に限らず、人間の言葉を話すことが出来ないワンにも同じように当てはまる事がありますよね。

7

いえ、ワンにこそこのことわざが当てはまるんだと思います。

8

ワンは目で何かを訴えかけようとします。そのつぶらな瞳で「目は口ほどにものを言う」の写真を集めてみました。いかがだったでしょうか?

それでは、今回のPadoc通信はこの辺でおしまいです。






より以前の記事一覧

その他のカテゴリー