しつけ方勉強会

2015年8月11日 (火)

8月9日しつけ方勉強会

梅雨明け以降本当に暑い日が続きますね。全国的に猛暑日とか熱帯夜という言葉が聞こえてきます。この暑さはいつまで続くのだろう?なんて思っている人も多いですよね。過ぎてしまえばあっという間の長野の夏です。暑さを楽しむくらいの余裕を持って行きましょう。

1

最初の挨拶の模様です。陽射しは強いのですが、木陰なので大丈夫。この日の参加者はいつもより少なめでした。今週お盆の入りなので連休が始まった方もいるのでしょうね。
2

これは、「おすわり」のまま「まて」の練習。この状態でワンの周りを回ってもそのままで待てるように、何度も繰り返しやります。

3

これは、さらに飼い主から離れても不安にならずに待つ練習です。TさんちのCちゃん、お座りしてちゃんと待ってますね。ワンによっては不安でキュウキュウ鼻を鳴らしたりワンワン吠えたりしますが、そんなとき飼い主は反応してはいけません。大切なのは、吠える(やってほしくない行動が出る)前に戻って、静かに待っていられたことを褒めてあげることです。ですから、犬を不安にさせすぎないように、どのくらい距離や時間を開けられるか、慎重に計りながら練習します。

もし吠えてしまったら、その要求に反応して戻るのではなく、吠えがおさまった時にすかさず戻って褒めます(その吠えをおさめるのにまたコツがいりますが・・)。この1呼吸がコツです。でもついついワンの要求に反応してしまいますね。その結果、吠えたら戻ってきてくれる、吠えたらおやつをくれることを教えてしまいます。ぐっと我慢がなかなか難しいんです。

4

我が家のPちゃんも木に繋がれて待て状態。犬なのに猫背なPちゃん、何処か不安そうに見えます。大丈夫だよ。(ぐっと我慢) テレパシー届いたかな?

5

実際はテレパシーが存在するかは疑問ですが、こちらの練習は、ワンの名前を呼んだり、コマンドを出さずに心を通わせるように黙って止まったり動いたりを繰り返します。しかもその場にいる人たちが号令なしで一斉に動いたり、止まったりします。

飼い主は、周りの人の気配にも気を配らなければならないので、自分の犬にばかり集中できません。つまり、犬に余計なプレッシャーを与えたり、上手にできないからといって焦ったり、犬の行動に反応したりせずにすみます。そして、その場が整然と動くので、犬はそれを感じ取り、自然と落ち着いて周りに合わせた行動をとるようになります。

それが、まるでテレパシーでつながっているように感じられるということなのでしょう。犬は人の心(情緒,感情)の動きを察知して反応すると言われています。みなさん感じ合う事ができましたか。



6

ここで休憩。勉強会ではついつい下ばかり見てしまうのですが、顔を上げて木々の緑を見たり、風の気配を感じたりするとゆったりした気持ちになり癒されますよね。そんな中でセミの抜け殻を見つけました。秋はもうそこまで来ている気がしました。

7


休憩後は「伏せ」の練習です。みなさん素晴らしいです。あれ?一番奥で「伏せ」できずに悪戦苦闘しているのは我が家のPちゃんじゃないですか。そんな時飼い主が焦ってはいけません。飼い主の焦りがワンに伝わってなおさら動揺してしまいます。でも皆さんを待たせていると思うと

8

勉強会後の歓談タイムの模様。今日から正式入会となったKさんちのFちゃん。まだ5か月なんです。ほんとうにかわいいんです。

9

かわいいといえばFちゃんと同じ犬種のYさんちのSちゃん。よろしくね!

10


勉強会後の恒例のおやつタイム!!

うっ!まるで餌に集まる池の鯉のようです。()

11

逆から見るとこんな感じ。


12

それでは、今回のPadoc通信はこの辺でおしまい。最後に本日のベストショットです。

2015年7月28日 (火)

7月26日しつけ方勉強会

7月19日に関東甲信地域の梅雨明けが発表されました。ジメジメした梅雨が明けたら、今度は暑い日が続いていますよね。犬の散歩も朝早くに行かないと暑くて大変です。サマータイムが導入されたら楽になる?なんて考える今日この頃です。
No1

暑さのせいなのか、夏休みでお出かけなのか、いつもより参加者が少なかった今日のしつけ方勉強会。いつものように連絡事項から始まります。
No2
こちらは初級クラス。これは「ついて」の練習。左脇にぴったりついてくれると楽ですよね。この日は体験の方を除くと3人とちょっと寂しかったけど、その分集中できたかな。
No3
こちらは中級クラス。これはよくあるシチュエーション。ワンが何かに気を取られて行こうとするところを呼び戻す「おいで」のお手本。Lちゃん飼い主の言葉にちゃんと反応してます。忠実ですね。
No4
なかなか言うこと聞かないうちのPちゃんはどうでしょうか。さすがにHさんがやると簡単にできてしまいます。飼い主の言うことは聞かないのに...(涙) あまり必死になってもダメだし、無理やりリードで引っ張ってっもダメ。呼び戻すときの合図でリードを引く時は低くするのがコツだそうです。
No5
お手本をもう一つ。これは犬に伏せさせた状態で体を跨いでぐるっと一周。Lちゃん落ち着いていますね。跨ぐのを嫌がるワン達は多いのではないでしょうか。こんな動きがドッグ・ダンスに応用できそうです。
No6
そんなLちゃんですが、今日は暑いからか集中が途切れ気味。こう暑いとバテちゃうよね!
No7
ということで、休憩後の後半はミニゲームで学んだことを楽しく実践。アイコンタクトをとりながらできるだけ長く歩けるか競争です。それでは、愛犬との見事なまでのアイコンタクトご覧ください。
No8

No9

No10

No11

No12_2
こちらは優勝したMさんちのMちゃん。息もぴったり、さすがです。
No13

今日の勉強会はここまで。終了後は恒例のおやつタイム。と言っても簡単にはあげないよ!ハイ伏せして!よくできました。パクッ!

No14
本日のベストショット。体験入会のFちゃん。さっそくのご挨拶です。
これからもよろしくね!なんて言っているのでしょうか?

本日もおつきあいありがとうございました。実は10年ぶりにカメラを買い換えました。そんなこともあってついつい、いつもより多く撮ってしまいました。ワン達、モデルになってくれてありがとう。では、新しいカメラで撮ったワン達の可愛い表情をお楽しみください。

No15

No16

No17

No18

No19

No20

No21

2015年3月23日 (月)

3月22日しつけ方勉強会

今日は、今年度最後の勉強会です。

A,B班合同でやってきた脚側の練習も、だいぶ深まってきました。犬の注意がそれそうになったり、人より先に出そうになったら、リードで合図して注意することも練習はしたけれど、最終的には、リードはついているだけで、まったく引かずにいられたらいいなぁと思います。
Cimg3087_640x513
リードの代わりに紐を使い、さらに紙テープをつけています。犬が飼い主を意識せず、勝手に歩いていったら、テープは切れてしまいます。リードをつけていないので、引くこともできず・・初めは、おやつを使ってもいいことにしましたので、どの犬もテープを切らずに動けました。
Cimg3124_2_640x480
紙テープが大丈夫なら、リードがなくても大丈夫そうです。でも。ノーリードというわけにはいきませんので、ロングリードをつけ、他の人にもってもらうことにしました。これなら、飼い主さんは、リードに頼って犬を横につけることができなくなります。Pちゃんも、Rちゃんも上手にできていますね。
次回、もう1回だけ脚側をやります。おやつを抜いていきますから、それまでに、おやつがあればそこそこできるように練習してみてくださいね。

Cimg2953_640x480
さて、こちらは、初級クラスです。飼い主の足の間で落ち着いている、どこを触られても嫌がらないという練習をしています。基本中の基本です。が、これが難しい子にとっては、なかなかの難関です。みなさん上手にできていますね。
Cimg3105_2_640x480
こちらはロンぐリードをつけて呼び戻しの練習をしています。Cちゃん、まっしぐらに飼い主さんの下へ駆け寄っていますね。
Cimg3033_518x640
NさんとCちゃん、顔を合わせて、とっても素敵ですね。

みなさん、本当に熱心にご参加いただき、どの子もトレーニングの成果があらわれて、うれしいことですね。それになにより、パドックの活動を楽しんでくださっている方が大勢いて、心から感謝しています。まさに犬と家族になれたから感じられる幸せなのかなぁと思います。犬との絆が、人との絆も広げてくれることを思う今日この頃。

パドックがみなさんに愛され、ますます発展していかれるよう願っています。
Dsc_0497_2_640x389
来年度は、4/12からスタートです。
4/26 総会&親睦会です。

2015年2月22日 (日)

2月22日しつけ方勉強会

今日は、日差しも暖かく、少しずつ春に近づいていることが感じられるような日でした。身を縮めながらのレッスンではなく、のびのびと動くことができ、それだけでもありがたいです。

レッスンの初めは、皆さん合同で、前回の続き「号令をかけずに歩いたり、止まったり」をやりました。今回は、初級のわんちゃん達も一緒だったので、総勢20頭ほどの犬たちと人が、この狭い空間で動いています。
P1210270

「犬にストレスを与えないように、犬同士の距離を十分にとってレッスンすること」というしつけ方教室の常識に反するようなプログラム。しかも、脚側が上手にできなかったり、大勢の中に入ると興奮したり、抵抗感を示す犬もいる中で、こんなことをしています。

しかし、どうでしょう。初めは落ち着きなかった子もいましたが、声をかけたり、注意をしたりしなくても、ただ整然とした場のなかで、お互いの雰囲気を感じ取りながら動いているだけで、全員が整然と動けるようになるのです。これにかかった時間は、10分もないと思います。

犬は、その場の雰囲気を感じ取り、和を保とうとする動物だと聞いたことがあります。暴れたり、吠えたりするのは、何かしらそうせざるを得ないような、心乱される状況があるのだと。だからその場が落ち着いていれば、自然と犬も落ち着けることを示してくれたような一コマでした。
それと、人が声を発することで、その場の空気が乱れることも感じられました。私たちは、どうしても言葉に頼ったコミュニケーションをとりがちです。効果的に声を使うのはいいけれど、もしかすると声をつかうことで、意図することとは違うものが犬に伝わっているのかもしれないとも思いました。犬に言葉をかけるときに、どんな雰囲気が伝わっているのか、意識してみるとおもしろいかもしれませんね。

それにしても大勢の人と犬が一度に整然と動く様は、すばらしかったと思います。

P1210286
引き続き、中級クラスでは、「脚側をさらにレベルアップさせよう」ということで、何回かシリーズで取り組んでいます。これは、犬を手で誘導するという基本の動きを練習しているところです。

手に持ったおやつにつられて動くという「マグネット」ではなく、飼い主さんの動きに合わせて犬がついてくるというもので、人と犬との一体感が求められます。飼い主さんが「やらせよう、やらせよう」と思って体に力を入れると、とたんに犬の動きが悪くなります。犬は、本当に正直です。
でもさすがにみなさん上手です。犬とのコミュニケーションが良く取れていました。
P1210301
こちらは初級クラスです。みなさん、ちゃんとアイコンタクトをして、オスワリができていますね。
P1210292
まずは、基本の練習を通して、犬達に動きを教えると同時に、飼い主さんも指示の出し方のスキルを上げていただいています。なかなか思うように動いてくれなくて苦労することもありますが、みなさん熱心に取り組んでいます。
P1210302
レッスンの後は、みなさん和気藹々と。この時間がまた楽しいです。

来年度、あらたに「おやじの会」と「美食クラブ」を発足するというお便りを配りました。
これからますます楽しいクラブを目指していきます。

2014年11月24日 (月)

11月23日しつけ方勉強会

夕べ大きな地震があった長野市です。余震もあるだろうし、大丈夫かなと思いましたが、大勢の方が参加して、今日もにぎやかな勉強会でした。

先週予告をしましたが、今日はこれまでの成果を確認するために、基本的なことができているかチェックしました。まるでテストのようですが、緊張しながらやるのではなく、なるべく自然な感じで、しかも楽しくできるように、いくつかのゲームを考えました。

1 しっぽふりふり、フリーズゲーム
2 一時も離れたくない!ゲーム
3 人はまわって、犬はまってゲーム
4 私待つわ、いつまでもまつわゲーム
5 そこは触っちゃダメよ~ダメ、ダメゲーム
6 基本は大事ゲーム
7 お願い!愛の絆を切らないで!ゲーム
P1190913
動画で紹介できないのが残念でしたが、みなさんレッスンの成果がでていて、よくできていましたよ。課題となるところもあるかと思いますが、できないからと言ってダメなわけではなく、これからの励みにしていただけたらと思います。

P1190894
こちらは初級クラス。ホールドスチールの練習をしています。後ろから抱えられたり、いろいろなところを触られても平気でいられるようにやっています。保定されるのが嫌いな子もいますが、できれば飼い主に抱えられると安心するというような関係を築きたいですね。

寒い中でのレッスンで大変ですが、みなさん熱心に取り組んでいました。

次回の勉強会は、12/14。今年最後の勉強会となります。

2014年10月28日 (火)

10月26日しつけ方勉強会

行楽の秋。各地でいろいろなイベントが行われているので、今日のパドック勉強会は、参加人数がいつもより少なめ。それでも24頭のご参加がありました。
P1190594

こちらは、ベテランの飼い主さんと初級クラスの方がペアを組んで、「スワレ」の練習をしています。これまでは、レベルにあわせてグループ分けをしてきましたが、これからは混合でグループレッスンすることで、飼い主さん同士で学び合いができるといいなと思っています。

P1190595
Mちゃん、飼い主さんの方をよく見てしっかりとフセができていますね。この後、飼い主さんがMちゃんの横に戻ろうとすると、Mちゃんは立ち上がってしまいました。そんな時は、もう一度立ち上がる直前の動きに戻して同じことを繰り返し、きちんとできてから終わりにします。飼い主さん、とても上手に対処できました。しつけは地道なことの繰り返しですね。

休憩をはさんで後半は、全員でボール運びゲームです。
P1190607_2
飼い主さん達は、ボールに集中していますが、Cちゃんは、ちゃんと横について歩いています。さすがですね。
P1190618
この頃入会したばかりのYちゃん。お兄ちゃんと頑張っていますよ。大勢の人や犬に囲まれると怖くなってしまうYちゃんですが、飼い主さんの努力で少しずつ平気になってきました。怖がるわんちゃんには、無理をしない配慮が必要ですが、気を遣いすぎることなく自然にみんなの中に入れてあげることで問題が解決していくこともあるように思います。あくまでも無理は禁物ですが、飼い主さんがリラックスすることで、犬もリラックスする面もありますので、やはり楽しくレッスンすることは大事なことだと思います。

とっても気持ちよく晴れ渡り、今日も楽しい勉強会でした。
連絡
◎冬期間の勉強会も若里公園で行うことになりました。防寒対策をとってご参加ください。
◎12/14 今年年内最後の勉強会のあと、忘年会を行います。勉強会の後ですし、昼間の会なので、みなさんご参加しやすいかと思います。ビンゴゲームもあります。どうぞお楽しみに。

2014年7月27日 (日)

第7回しつけ方勉強会

昨日は、37℃という観測史上最も高い気温をマークした長野市。この暑さ、今日までだというので、さすがに今日は、参加者が少ないだろうと思われましたが、飼い主さん24名犬18頭のご参加がありました。みなさん、本当に熱心です。

こちらのグループでは、
P1180342

犬同士、また人が近づいても落ち着いているように練習しています。日頃のしつけの成果もあって、みなさんよくできていますね。

犬同士のつきあい方は、子犬の頃に犬達の中で過ごした子は自然に覚えてしまいます。しかし、そういう経験があまりない子にしてみれば、どうしたらいいのかわからず、緊張したり興奮したりしてしまいます。中には、その度に大騒ぎをして、飼い主さんを困らせる子もいるでしょう。また、振る舞い方がわからないのでおかしな行動をとって、相手の犬に叱られることもあります。それは犬の行動とすれば自然なことであっても、やられた方は意味がわからず、トラウマになることがあるかもしれません。

ですから、犬や人に囲まれても平気でいられるよう練習することは大事です。そういうときに犬慣れしている犬達、人たちに馴らしてもらうことは有効的ですね。このような犬の社会化は、グループレッスンを基本としているパドックのしつけ方勉強会を大いに活用していただきたいと思います。

こまめに休息をと思っていたら、休んでいるうちに雨が降り始めました。
P1180343  
雨がひどくならないうちに、もう1レッスンしましょうと
P1180344
全員が集まって並んだところで大きな雷鳴。飼い主さん達、思わず驚いて声をあげたり、犬が慌てて動いたりして、一瞬その場がザワザワしました。「落ち着いて!」の声に一瞬でおさまりましたが、犬達のことを思えば、この飼い主の動揺はよくないですね。雷鳴そのものに驚く場合も多々ありますが、中には、その場の緊張感が犬に伝わり、嫌な経験として学習される場合があります。そして、直前におきた雷鳴と嫌な経験が結びつけられ、雷がなると嫌なことが起きるということで怖がったり興奮してしまうケースがあるようです。

雷に限らず、何か事が起きたとき、安全が確保できていれば、慌てたり騒いだりせずに、まず飼い主が落ち着いて行動し、犬を興奮させたり怖がらせないこと。そこで起きたことは、大して気にするほどのことでもないことを態度で示してあげられるといいですね。そして声をかけたり、撫でてあげたりするのは、犬の興奮がおさまってから。怖がっている時に抱き上げたり、なだめようと声をかけたりすることでかえって問題を大きくすることがあるようです。

と、書くのは簡単。実際に興奮したり怖がる犬を鎮めるのは大変・・・ですが。
今日は、お天気に振り回されて、落ち着いてレッスンできませんでした。ま、こんな日もありますね。
次回は、8/10。
8月24日は、BBQ大会のため、勉強会はお休みです。お間違えのないようお願いします。

BBQは、まだ若干定員に余裕があります。迷っていらっしゃる方がいらっしゃれば、是非ご参加ください。

行事予定
前にお知らせしました「わんわん運動会in清泉祭」は、10月12日(日)14時過ぎ~15時30分に決定しました。初級のわんちゃんも無理なくご参加いただけます。学園祭に犬連れで参加できるまたとない機会でもあります。ふるってご参加ください。
なお、この日のしつけ方勉強会はお休みとなりますので、ご了承ください。

2014年7月 7日 (月)

犬の飼い方講座

P1180139

いつもの公園での勉強会ではなく、今日は、座学での犬の飼い方講座を開きました。
本日のテーマは、「なぜ難しい?犬のしつけ」ということで、
◎行動学の原理の理解とそれを使いこなすことの難しさ
◎犬の行動に影響する飼い主の態度
の2点についてお話しさせていただきました。

参加者の方に、愛犬の行動で気になることをビデオに撮ってきていただいて、それをみながら検討もしてみました。
P1180140
自分の接し方に問題があるのだとわかっていても、ついその問題行動がかわいいと思ってしまうという飼い主さん。参加者の多くが、「そうそう」「あるある」と共感する場面もありました。
人に迷惑をかけないためのルールは設けつつ、多少問題と思われることがあっても、それも含めてかわいくて仕方がないと思えること、飼い主さんもわんちゃんも幸せですね。
終了の時間ぎりぎりまで、話題がつきず、熱心な勉強会となりました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

2014年6月 9日 (月)

犬の飼い方講座

犬を迎えたとき、こんなことを思いませんでしたか?
「ちゃんとしつけて、良い子に育てよう!」
     ↓
しつけ本を買い込んだり・・
しつけの方法を誰かに聞いたり・・
「犬を育てる」バーチャル・ゲームをやってみたり・・
     ↓
     ↓ でも
     ↓
いざとなると、うまくしつけられない!
 →本に書いてあることの意味がよくわからない
 →本によって書いてあることが違う(人によって言うことが違う)
 →本を読んだり、人に聞いたことをやってみても、うまくいかない
 →しつけることがたくさんありすぎて、何を優先すればいいのかわからない 等々
     ↓
意外と犬のしつけは、難しい・・
     ↓
     ↓ それもそのはず
     ↓
聞くのとやるのとでは、大違い!それに・・
どんな犬に育てたいか、どんな方法でしつけるかによって、内容が変わるから

     ↓
     ↓ そ・こ・で
     ↓

この度パドックNAGANOでは、
   ◎家庭で飼いやすく、
   ◎家族との絆を結べるような
   ◎「家庭犬」を育てるための
飼い方講座を開きます

→犬を迎えた日からどのようなことを愛犬に教えていけばいいのかを
 映像を交えてお話しします

→しつけをするのは、訓練士やトレーナーではなく、普通の飼い主です
→初めて犬を飼う人でも無理なくできるような方法
→ちょっとしたコツやポイントについてお伝えできればと思います

座学で犬のしつけ方を学べるまたとない機会ですので、どうぞご参加ください。
詳細は、↓↓↓ こちらをご覧ください。

20140706.pdf」をダウンロード

2014年6月 8日 (日)

第5回しつけ方勉強会

6月8日。雨が降ったり止んだりの微妙すぎるお天気です。

勉強会は、一応開催の予定です。
下は濡れているし、雨が降り出したりして、満足なレッスンはできないと思います。
という連絡をしたにもかかわらず、今日の参加は、20頭。みなさん、本当に熱心です。休み時間に、「勉強会、やってるよ」とメールをもらい、慌てて家を出たという方もいます。公園に到着したのは、もうレッスンも終わりになるという時間だったのですが、それでもこんなふうに楽しみにして出かけていただけることが、本当にうれしいです。
P1170696
始めに全員で、人と犬が近づいてきても、静かに座って待っている練習をしました。写真に写っている3頭は、初級のわんちゃんたちですが、ちゃんとお利口にしています。トイ・プードルのTちゃんは、飼い主さんの横について歩いています。パピヨンのMちゃんは、「誰が近づいて来たのかな?」と鼻を使って確かめていました。何かを知りたい時に、目で確かめようとすると、どうしても相手をにらみつけてしまうので、ややもするとケンカになりがちです。Mちゃんみたいに鼻を使うのは、犬の態度としてとてもいいですね。

この後グループに分かれてレッスンしました。「今日は下が濡れていて、本格的なレッスンは、できないと思います」と言っていた割に、どのグループも熱心で、気がつけばだいぶ終了時間を過ぎていました。
今日も楽しい勉強会でした。

今後の行事連絡。
7/6(日)犬の飼い方講座 別項参照
8/24(日)霊泉寺湖BBQ大会
10/11(土)or12(日)わんわん運動会in清泉女学院

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー