« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月 7日 (木)

8月27日しつけ方勉強会(後編)

20

後半は2つの班に分かれてスラロームやハードルやトンネルをやりました。リードで引っ張ってやっている人は、いませんか?

21

我が家のPちゃんハードルに挑戦中。だいぶ出来る様になりました。いいぞ!その調子!

22

Nちゃんもハードルに挑戦。思わず飼い主のMさんも一緒にジャンプしてしまっています。わかりますその気持ち。

23


さて、こちらは「小学生のためのしつけ方体験会」という事で、ちょうどお迎えした子犬が、
Rちゃんと月齢が同じくらいということなので、Rちゃんを見本にしながらお話ししています。

名前の教え方や、どうしたらワンが自分のあとを付いてくるのかなどをお話ししました。大切なのは、このお子さん達が、ワンちゃんの世話や、コミュニケーションが取れるようになることだと思います。ですから、小学生もできるやり方を教えなければなりませんね。

お母さんも、ですが、お子さんが熱心に話を聞いていて、とても感心しました。

24

勉強会最後は、赤、黄、緑、青の4つのチームに分かれてゲームをやりました。

中央に4人のスタッフがいます。そのスタッフの人たちが漢字1文字を6分割したカードを持っています。
25


スタートしたらハードルをジャンプして、
26

ジグザグをしてスワレをさせてスタッフからカードを1枚もらいます。

27


カードを貰ったら戻って次の人にタッチ。タッチされたら次の人も同じようにハードルをジャンプしてジグザグしてお座りさせてスタッフから1枚のカードをもらってください。

28

もらったカードは漢字が書いてありますので一番最後の人がゴールしてカードが6枚揃ったら答え合わせをして、その漢字が何か早くわかったチームの勝ちです。

29

「なんの漢字なんだろう?」どのチームも真剣そのもの。6分割のカードを揃えるのは思ったより難しくて必死でした。優勝と準優勝のチームには賞品が出ました。商品は後で美味しく頂きました。

1_2


勉強会の様子はこれくらいにしてPadoc通信恒例の「本日のおまけ」コーナーをお届けします。今回は、本日ご長寿のお祝いを受けたPちゃん、Mくんの2ワンと一番若いRちゃんの写真をお届けします。
2_2

Mくん、今日はゲーム頑張りました。まだまだ元気いっぱいのMくんです。

3_2


Rちゃんは勉強会終了後、多くの会員さんたちに抱っこしてもらいました。ちょっと疲れたのかな?

4_2


ご長寿犬の記念写真です。これからも元気で過ごせますように。

5_2

次は、Rちゃんも入っての記念撮影。年の差15歳。

 

それでは、今回のPadoc通信はこの辺でおしまいです。

 



8月27日しつけ方勉強会(前編)

皆さんこんにちは、8月11日には飯綱東高原でBBQ大会を行いましたが、勉強会となると7月9日以来の久々の開催です。この日は、お盆も過ぎてこの夏の暑さもピークを越えたのでしょうか、だいぶ涼しくなってきました。

1

ご覧のように朝から快晴です。誰から頼まれるわけでなく協力し合ってのぼりの準備をするいつもの光景です。ご苦労様です。

2

この日若里公園は日テレの24時間テレビのハートフル広場として利用されていて、朝から駐車場がいっぱいでした。駐車場の空きを探すのも大変。

3

開始前の様子です。久々の開催なのでワン達も飼い主の皆さんも楽しみにしていたのでしょうね。楽しそうな話し声で溢れています。

4

NさんちのCちゃん元気いっぱいですね。嬉しそうに跳ねていました。凄いジャンプ力ですね。

5

最初の挨拶でHさんより新入会の方の紹介がありました。Kさんと愛犬Kくんです。皆さんよろしくお願いします。

6

続いて、ご長寿犬の表彰がありました。最初はKさんちのPちゃん。まさしく本日827日が誕生日でちょうど15歳を迎えました。お祝いにパワーストーンが贈られました。Pちゃんは4か月の時から勉強会に参加していて、Padocに来るのをいつも楽しみにしているそうです。「これからも長生きして是非参加させて頂きたいと思っています。」とKさんから挨拶がありました。

7

もう一人ご長寿犬の表彰は、78日生まれのHさんちのMくんです。Hさんからは、「Mくんも大分年老いて目と耳が殆ど見えない聞こえないという状態なのですが、若い娘が家族に加わったので、余計にパワーが漲っている感じでとても元気に過ごしています。ありがとうございます」

8

続いて、先ほどの話にあったHさんちの新たな家族の紹介がありました。421日生まれで4カ月になったRちゃんです。よろしくお願いします。Rちゃん抱っこされての紹介にちょっと緊張気味ですね。会員さんから「かわい~い~」の声、声、声。4か月と言ってもさすが大型犬ですね。体重は既に我が家のPちゃんの3倍はあるので抱っこも大変そうです。

9

また、この日は小学生のお子さんがいらっしゃる家庭でワンちゃんを飼い始めたという事でお母さんと娘さん二人が見学(体験)に来られました。そういえば、我が家も初めてワンを飼った時は判らない事ばかりでした。いろんな教室を回ったり、トレーナーさんに家に来ていただいたこともありましたが、どれもしっくりきませんでしたが、そんな時にPadocに出会い、参加することで救われました。おっと、話が逸れてしまいましたね。

10

最初はウォーミングアップという事で時計回りに脚側して、止まっておすわりして、名前を呼んでアイコンタウト。小学生が見ていますからね。お手本になるように、みなさん、頑張って!

11

みなさん良い感じですね。時々声をかけて飼い主の顔を見ますか?もし、ワンちゃんの方から顔を見てくれたらよーく褒めましょう。そう、キャッチングですね。ワンの名前を呼んで見るのではなく、犬の方から顔を見たらよーく褒めましょう。


12

時計回りから、方向転換して反時計回りに脚側します。回るときは、リードを引っ張らずにできましたか?

13


次は、オスワり・マテさせて、ワンたちの間を体験の子どもたちにジグザグに歩いてもらいます。ワン達ちゃんと落ち着いてお座りしていますね。

14

ここで、飼い主さんたちにHさんから、「うちのワンは子どもがちょっと苦手という方どれくらいいますか?」の質問。すると3分の2はちょっと苦手という反応でした。

犬や人が大勢近くにいても、ガサガサわちゃわちゃせずにいられるような、きちんとしつけがされているワンでも、子どもが苦手な子が多いですね。ワンは、意外と怖がりですから、むやみに触らせてはいけないし、触るとしたら、ワンを怖がらせないように、気をつけて触るように言ってあげられる飼い主になってほしいと思います。

15

でも、いちいち、「人が苦手なので触らないでください」って言えないですよね。または、言いにくいですよね。

 みなさんは、「イエローリボン」って知っていますか?リードに黄色いリボンや黄色いものを付ける事で、「ワンのそばによらずにそっとしておいてくださいね」というサインになるのだそうです。

16

この活動を「イエロードッグプロジェクト」と言って、いろんな理由で「そっとしてほしい」ワン達が人との距離を必要としていることを広めるためのプロジェクトなんです。まだ知名度が低いですが、少しずつ広がってほしいです。

17

ここで前半が終了。5分間の休憩です。休憩中シバーズを木に繋いでいたら、みんないい子に座っていました。思わず撮影会が始まってしまいました。

18

別の角度からもう一枚カシャ!

19

休憩中はワンも飼い主もリラックス。Pちゃん可愛いですね。

(後半へつづく)

 

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »