« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月28日 (水)

パドックお泊まり会おまけ

パドックお泊まり会のおまけといいますか、業務連絡?といいますか・・

お世話になりました「ゲストハウスベルン」様から写真が送られてきました。うれしいですね。

参加者でご希望の方には、メールでお送りしますので、ご一報下さい。
Img_3897s
2日目朝食の後でくつろいでいるところ
Img_3912s
みんないいお顔ですね。ラとマが横向いていますけど。
Img_3922s
ここは、バーニーズが6頭暮らしているお宿です。看板犬ではないとのことで、フロアーにお目見えすることはなかったけれど、ドッグランに出ている姿は見ました!まるでバーニーズ牧場でした。圧巻!

2017年6月25日 (日)

6月24日ハピスポひろば

今日は、長野市ビッグハットでNPO法人ハッピースポットクラブ主催の「ハピスポひろば」が開催されました。7回目を迎えるこのイベントは、障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、男も女も垣根無く、誰もが楽しめるようなイベントをということで、毎年この時期に行われています。

主催者の主旨に賛同し、パドックも時々おじゃましています。

今年は、塗り絵とNPOの紹介コーナーに出展。
Img_0974
何人かしつけの悩みについて相談に来てくださいました。ケースは、いろいろですが、根底には、社会化不足や犬のことを知らないばかりに、対処の仕方を間違えて、問題を大きくしてしまったようなものが多いように感じました。

「外に出すと吠えるので、家の中にいます。ずっとそれでいいのかと思いますが・・でも・・」と・・。そんな飼い主さんとわんちゃんがたくさんいるんだろうな、と思います。

社会化トレーニング、大事ですね。

2017年6月24日 (土)

パドックお泊まり会2日目続き

さて、ドッグランを発見し、早速中に入ってみた私たち。
Img_0679
リードを放すやいなや、勢いよく走り回るわんたち。うれしくなるような光景です。

Img_0681
この辺は、想定内ですが・・
Img_0684
おぉぉ、なんと形容したら良いでしょうか。ペキニーズもこんなふうに風を切ってはしりまわるのですね。
Img_0700
元気いっぱいです。
Img_0708
柴さんたちは、いつだっておやつタイム。
Img_0734
わん達を並べて、オイデ競争をやってみようと思いましたが、
Img_0744
あれ、誰ですか?大幅なフライングをしているのは。
Img_0758
最後まで、ちゃんとオスワリしているダブルYちゃん。
Img_0789
Yちゃんが格好良く立っているのを見て、「どれどれ、オレも」とM。
Img_0800
そこに割り込むL。
Img_0805
そしてK君。でもLが・・。
Img_0809
最終的に3わん。なかなか良いですね。いい写真が撮れたと喜んでいたら、
Img_0819
おいらもできるよ、とSちゃん。みんなの様子を見ていて、真似をしたみたい。賢いなぁ。

Img_0845
いつのまにか、まったりタイムになりました。
Img_0853
どの子も、だれとでもコミュニケーションがとれるって、いいですね~。
Img_0838
その頃Yちゃんは・・笑っちゃうほどマイペースです。
Img_0879
さて、たくさん遊んだので、そろそろ帰りましょうか。気がつけば、もうお昼。あっという間に時間が流れたね~。山を下る前に、飼い主さん達は、トイレタイムです。わん達を預かっているMさん。
Img_0891
長野への帰り道、このお店に寄りました。
Img_0889
お蕎麦とキーマカレーのランチです。異色の組み合わせですが、これが結構Good!です。

楽しい、楽しい2日間でした。今回は、どうしてもお泊まり会に行きたいからと、わんを車に乗せる練習までして参加してくださった方もいます。うれしいですねぇ。

美味しいお料理と自然を満喫したお泊まり会でした。

2017年6月21日 (水)

パドックお泊まり会 2日目

Img_0589
おはようございます。2日目の朝は、和食から。

Img_0588
朝からこんなにおいしいものが並んで、うれしいですね。こちらは、夏でも小鍋がつくのだそうです。健康志向なのですね。
Img_0596
食後、あれ、膝の上には、みなさんわんこ。SさんちのSちゃんは、すっかりIさんになついています。
Img_0601
みんな抱っこなので、大型犬のLちゃんも負けじと抱っこ。みんな飼い主さんと仲良しです。
Img_0605
朝食をいただいたら、お世話になった宿を後にして、御泉水自然園に向けて出発しました。その前に宿のオーナーさんが、飲み水にしてもいいし、排泄したものにかけてもいいからと、みんなに一本ずつ凍らせた水をもたせてくれました。心配りに感激です。
Img_0609_640x480
御泉水自然園につきました。ここは、標高約1800メートル。あれ、ダウンを着ている人がいますね。
Img_0619
清涼感あふれる水の流れと、辺りを覆い尽くす緑と、小鳥のさえずりと。とても気持ちのよいところです。

どんどん歩いていきましたら、ドッグラン発見!しかも貸し切りです。
(つづく)

2017年6月20日 (火)

パドックお泊まり会1日目

梅雨の合間をぬって、6月17、18日、お泊まり会がありました。今回のお宿は、車山高原にありますゲストハウスベルン。

P1290890
うっかり写真を取り忘れてしまい、少し前のものですが、こちらです。

Img_0559
皆さんが揃ったのは、夕食の時間。こちらのお宿は、お食事が美味しいので評判です。今回は、どんなお料理を出していただけるのかな。とても楽しみです。
Img_0566
かんぱ~い。
Img_0570
あれ、まだ食事が始まったばかりなのに、おふたりとも、真っ赤になっています。
Img_0568
わんたちも、まったりしています。
Img_0564_2
こちらは、食事中もスーパーアイコンタクト。
Img_0578
食事が終わったら、一番広い部屋に集まって、二次会が始まりました。
Img_0580
K君、頭スリスリで甘えています。
Img_0583
Yちゃんは、Nさんの膝の上でスヤスヤ。

何の話をしたのか、よく覚えていないけれど、ひとしきりおしゃべりを楽しんで、解散となりました。

2017年6月19日 (月)

6月11日しつけ方勉強会(後編)

休憩が終わり勉強会の後半開始です。
18
別メニュー組は基本の3つを勉強しました。さっき最初に皆さんがお手本を見せてくれた3つです。

 アイコンタクト

 名前を呼んで1発でこちらを向く(名前を連呼しない)

 ホールドスチール

Dちゃん足を触られても嫌がっていませんね。それにしてもちっちゃいですね。
19
JちゃんAさんの中にすっぽり納まっていますね。
20

Sちゃん飼い主のSさんに呼ばれて顔を見上げています。

21

見たら褒めましょう。「良い子だね!」Sちゃん嬉しそう!
22
今度は、出来るだけリードを引かないで、歩いたり、止まったりしてみましょう。写真は「だるまさんが転んだ」で止まる練習です。なるべく首に衝撃を与えないようにという事で、本当にリードは手にかけているだけ、なるべく引っ張らない様にして歩く練習をします。
23
こちらはHさんのお手本です。
24
リードを引かないようにして、方向転換します。リードを緩めたまま動きます。張ったら緩める。手首堅いと出来ないと思います。イメージ的にはリードは付いているけど、ナスカンあたりに意識を持って行くといいかもしれません。ナスカンを引っ張ってくるイメージでゆるーく持ってみましょう。
25
おや?Mちゃんが動かなくなってしまいました。何をするのかわからないので、抵抗があるのでしょうね。こんな時に、飼い主さんが何でやらないの?って嘆いたりイライラしてしまうとワンはますます嫌になってしまいます。やらないことを嘆くのではなく、その子ができるレベルまで下がって、できることをスモールステップで積み上げていく感じでやってみましょう。褒めてあげられる状況を飼い主さんが作る、ということです。
1_2

ワンの動きが悪いとついリードでワンを引きたがるのですが、そうでは無くて人間の方が動いてワンを誘ってみましょう。ワンちゃんが上手についてくると飼い主さんもうれしいので自然と動きがきびきびしますが、思う様についてこないと飼い主さんもつまらないので「ハァッ」って感じで「なんで来ないの?」みたいな感じになって、両方の相乗作用でトーンダウンしてしまいます。

そんな時にすぐにおやつに頼るのではなく、動きを引き出せるようになるといいですが・・これが難しいですね。どうすればいいか、いろいろ試しながら挑戦してみましょう。
2_2
写真はPadoc通信恒例の「本日のおまけ」コーナーに移っていますね。Mちゃん今日はとても頑張っていましたね。とても良い顔をしています。
3_2
SさんちのYちゃん。Sちゃんと交代でお勉強。という事でベンチでくつろいで待っていました。
4_2
まだ9カ月のPちゃん。かわいいですね。
5_2
勉強会の途中に顔を出してくれたMさんちのLくん。目がまん丸です。
6_2
今日はDちゃんの写真が多くなっています。小っちゃくってかわいいので、ついついシャッターを押してしまいます。

7_2
ローアングルからもう1枚。良い感じの写真が撮れました。Dちゃんライオンみたいです。

8_2   
ライオンのようなたてがみと言えばオイラの事でしょう。Sちゃん今日は勉強頑張ったね。
9_2
いつもかわいいMちゃん。ニコニコです。
11_2
こちらもニコニコのKちゃん、顔が猫みたい。
12_2
にこやかな表情のLちゃん。かわいいね。
13_2
勉強会後のリラックスした時間。Lちゃん撫でられてとっても嬉しそう。
14_2
陽射しが強くても木々のおかげで日陰はとても過ごしやすいです。時のたつのは早いもので、ついこの前新緑の季節だと思っていたのに、季節はすっかり初夏ですね。

 それでは、今回のPadoc通信はこの辺でおしまいです。

6月11日しつけ方勉強会(前編)

関東甲信越地方は6月7日に梅雨入りしたそうですが、空梅雨なのでしょうか、あまり雨が降りません。今日も良い天気で絶好の勉強会日和です。雨続きのジメジメは嫌ですが、この時期の雨は大切です。例年通りとか平年並みというのが良いんですけどね。ちなみに6月11日は「傘の日」なんだそうです。

1
前回の勉強会をお休みした我が家ですが、今日はいつもより早く到着です。張り切ってのぼりの準備をしていたらPちゃんも手伝おうとしているのか、身を乗り出しています。気持ちは嬉しいけど、そこにいるとちょっと邪魔ですよ~。
2
のぼりの準備が終わったら、前回から参加してくれているSさんちのDちゃんがおはようの挨拶に来てくれました。柴々トリオに囲まれても怯むことなく堂々としています。さすがエースナンバー10番を背負うファンタジスタ?って感じですかね。我が家のPちゃん、ちょっと腰が引けてます。(情けない。)
3
おはようの挨拶と言えばHさんちのMちゃん。いつも明るいMちゃんは、友だちが来るとすぐさま駆け寄ります。急な動きにHさん思わず、おっとっと。大型犬は大変です。
4
さぁ、勉強会の開始です。最初はいつもの様にHさんの挨拶から。

連絡① 625日にビッグハットで「ハピスポひろば2017」というイベントが開催されます。そこでワン達の「ぬりえ」を出しますので、よろしくお願いします。

連絡②811日に恒例のBBQ大会を開催します。会場の関係から25名定員となってい ますので希望されるかたは早めに申し込みをお願いします。
5
本日正式に入会された方の紹介です。Kさんと愛犬のPちゃんです。Pちゃんは現在9カ月だそうです。いま一番大事な時期ですよね。大人になりかけの時なので、たくさんのワン達に触れ合いながらのトレーニングはとても有効かと思います。よろしくお願いしますね。
6
Pちゃんは別メニューで基本から勉強してもらいますが、今日は、愛犬と目で繋がる「アイコンタクト」を練習してみましょう。Kさんは、どんなふうにやるのか、みなさんがやることをよく見てくださいね。写真はTさんとCちゃんのアイコンタクト。バッチリですね。
7

こちらは、UさんとPちゃん。奥はKちゃん。2わんとも完璧です。ワンの名前を呼んで顔を見る。出来てしまえば簡単ですが、最初はどうやっていましたか? まずは愛犬に自分の名前を教える(覚える)事から始めますよね。
8
だから、本当に一番小さい頃に教えるのは、おやつをあげながらワンの名前を呼ぶ。次はワンの名前を呼んで、こっちを見たらおやつをあげる。その次は、ワンが何かに気を取られている時に呼んでこちらの顔を見るかどうか。徐々にステップアップですよね。写真はYさんとYちゃん。皆さん完璧に出来ています。
9
基本の2つめは「ホールドスチール」です。直訳すると「拘束静止」となりますが、無理やり抑え込んで動かなくする訳ではないですよ。基本は飼い主と愛犬の信頼関係の構築という事になります。ワンにとって、飼い主に抱きかかえられることが「安心」や「心地よさ」になるよう、優しく接します。
10
後ろから抱きかかえた時に、ワンがまったりしてくれればO.Kです。写真はHさんとMちゃん。Mちゃんとってもリラックスしていますね。素晴らしいです。
11
それと、撫で方にも注意しましょう。「ガサガサガサ」って撫でて、「よーし良い子だ」って、少し乱暴にやる人がいますが、言葉では褒めている感じですが、ワンは、褒められている気がしていないかもしれません。無造作に撫でるのではなく、例えば、毛の先だけ触る感じで優しくタッチしてみましょう。
12
別メニュー組とは別れて、改めて勉強会の開始です。今日はこれまでの復習もかねて「褒める」ことをしっかりとやります。以前の勉強会で二次強化子という話をしましたが、ご褒美=おやつ、を卒業して、ご褒美=褒める(声だったり撫でるだったり)に変えていきましょう。
13
「フセ」→「オスワリ」→「マテ」→「ワンの周りをぐるっと回る」→「オイデ」→「脚側」。とりまぜながら出来たらワンを褒めちぎりましょう。褒める時は恥ずかしがらずに、なるべく高い声で褒める。褒めるのが上手なアメリカ人になった気持ちで
14
「褒めちぎり大会」のつもりで。そして、最後におやつをあげましょう。おやつをあげている間中褒めたり、撫でたりして、おやつがなくなるのと同時に褒めるのも、撫でるのも辞めます。

これにより、「褒め声」や「撫で」が「いいこと」「うれしいこと」というように関連づけられていきます。そうすると、声で褒められたり、撫でられたりすることが、「おやつをもらう」ことと同じになっていくわけです。興味がある方は、「パブロフの犬」について調べてみてください。

ついでにワンにKissして終わりにしてみましょうか。Kissは、おまけですが、嫌がる子はいないかな?
15
「褒めちぎり大会」の間中、飼い主さんもワンもとても集中して、ワンは指示したことをちゃんとやっていました。おやつを手に持たず(おやつに頼らず)、声で褒める、撫でる。最後にKissして終わり。ワンも心地よさそうです。
16
わん達が、とても集中していていいなと思いました。それと、何より良かったのは、しっかり声を出してワンを褒めている時、飼い主さん達全員、リードがダラリと緩んでいたことです。犬を褒めることは、実は飼い主さん自身のリラックスに繋がっているということですね。
17
こちらNさんとKちゃんの脚側の様子。Kちゃんとても集中していますよね。アイコンタクトバッチリです。大型犬のアイコンタクトって格好いいですよね。飼い主との顔の位置が近いからなのか、歩幅が広くてゆったり歩いているからなのか、いずれにしても絵になります。ちなみに、Kちゃんの犬種はボクサーですが、ちょっといかつい面構えと頑丈な体つきからは想像がつかないほど、性格は優しく陽気で友好的なんだそうです。

ここで、10分間の休憩です。(後編に続く)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »