« 3月12日しつけ方勉強会(前編) | トップページ | 3月26日しつけ方勉強会中止 »

2017年3月24日 (金)

3月12日しつけ方勉強会(後編)

ブログの更新が遅くて、楽しみにしていただいてる方には申し訳ありません。3月12日の勉強会の続きをお届けします。

いえいえ、Sさん、年度末のお忙しい中、本当にありがとうございます。毎回心をこめて記事を書いてくださり、心から感謝しています。H

09

勉強会の様子をちょっと高いところから撮ってみました。皆さん一生懸命に、でも楽しく勉強会に取り組んでいるのが良くわかります。会場の若里公園はワンの散歩がO.Kとあって、多くの方が訪れます。この日も勉強会の様子を興味深く見ているワンちゃん連れのご家族がいらっしゃったので、話を聞くと昨日お散歩デビューしたばかりの柴パピーの飼い主さんとの事。

10

ワンのしつけについて、どうしたら良いか、どこへ行けばよいか判らないと仰っていました。我が家の3年前を思い出しました。縁あって家族になったワンちゃんと楽しく幸せに過ごしたいと思うのは誰でも同じ事。我が家はPadocに参加して、多くの事を学んでいます。

11

ワンちゃんの社会性を身につけるなんてよく言いますが、我が家の経験からも、出来るだけ早い時期から始めた方が良いと思います。いや、始めるべきかと思います。でも、どうすれば良いかが判らないから悩むのですよね。

12

そんな時、ここに来れば、みんなで一緒に悩んで解決して、犬と暮らすことの幸せを満喫できるようになる事間違いありません。

13

さて、後半は前回の勉強会でやった、犬の意識を「遮断」するの続きです。ワンが先に歩いていこうとした時にワンの視線を遮る事で、ある程度遮断が出来るんだそうです。

14    

連続写真で見てみると、こんな感じで視線を遮るのです。妨害してワンの意識をさえぎるという事で、完全にインターセプトなんだそうです。遮断によって飼い主さんの方をアイコンタクトしてくれれば理想ですが、時には怒り出す場合もあるそうで、そういう時にはインターセプトがかえって害になります、そんな時は、飼い主がワンの前に立ったら良い事があるという事を教えていく。だから、前に立って遮断した時に飼い主の顔を見てくれたら、うんと褒めてあげる、を繰り返して教えて行けば良いそうです。

・・これについては、こういうことのようだけれど、・・ちゃんと勉強してきますね。みなさんの様子を見ていたら、結構有効ではないかなと感じましたが・・H

Photo


勉強会の様子はこれくらいにしてPadoc通信恒例の「本日のおまけ」コーナーをお届けします。

Photo_2

まだまだ、寒いので暖かい格好で参加のAちゃんです。

Photo_3

いつも元気なAちゃんです。笑顔がとっても素敵です。

Photo_4

良い表情ですね。

Photo_5

Kちゃんもとっても良い表情ですよ。

Photo_6

ベンチでくつろいでいるMちゃんです。座り方がかわいいです。

Photo_7

始まりの準備の時のKちゃん。リードが絡まってますよ。

Photo_8

こちらはビビッドというか、鮮やかな色の洋服を着たMちゃんです。

Photo_9

Yちゃん後ろから失礼します。シバ好きの私にはたまらないアングルの写真です。

10_2

いつも素敵な衣装で参加のCちゃんとPちゃん。

11_2

まだまだ続きますよ~。こちらは、つぶらな瞳のKちゃんです。

12_2

ほのぼのとした写真が撮れました。

13_2

Mちゃんの洋服、実は子供服なんだそうです。サイズちょうど良いですね。

14_2

たくさんの愛情を受けてご満悦なTちゃんです。ベロが出てますよ~。

15

毛がツヤツヤのOちゃん。カメラに興味津々です。
最近仲間になって下さいました。よろしくお願いいたします!
これで、フラットコーテッド・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバーの3つのレトリーバーが揃いました。H


Photo_10

最後の写真は、なぜか気になる1枚という事でHさんとLちゃんです。
前に出ている足の角度、視線の角度がピッタリですね!笑 H

それでは、今回のPadoc通信はこの辺でおしまいです。

« 3月12日しつけ方勉強会(前編) | トップページ | 3月26日しつけ方勉強会中止 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。